「  ね こ の 国  」

ねこと暮らすと、その魅力のあまり猫中毒になります。

ねこを看取ると、猫の国なるものが存在すると信じるようになります。

ちょっとこじらせ気味ではあるものの、しごくまっとうにねことのくらしを描きました。

ねこ愛だだもれのしかけ、気がついていただけますように。

あとがきより

かきいだき、頬をよせてしまう。

ふんふん、と匂いをかいでしまう。

顔をうずめてしまう。

しっとりとあたたかく、やわらかくうけいれる(時には制裁をうける)。

私は蚤のうまれかわりかもしれない、と思う。

でも今はヒトなので、ごろろと鳴るお腹の音や、ぬくもりにほっとし、

腕の中のこの小さな生き物を全力で守りたい、と思う。



 

© 2015 by akiko nishimura. Proudly created with Wix.com