© 2015 by akiko nishimura. Proudly created with Wix.com

「 オ ノ マ ト ペ の う た 」

「シトシト」「トントン」「ガタゴトガタゴト」「ツートトツートト」・・・

オノマトペ(擬音語・擬態語)で作品を作ったら、懐かしい形や色に出会いました。

それは、子供の頭の中のような、混沌と無秩序の不思議な世界。

いつしか忘れてしまった「こどものころみていたもの」、探しにいらっしゃいませんか?

陶芸家の冨平園子さんとの2人展「オノマトペ展」で生まれた絵本「オノマトペのうた」。

 

お子さんにウケが良く、

なかでも「お母さんのおなら」のくだりはうふふふ、と恥ずかしそうに笑ってくれてるので、

やっぱり下ネタは鉄板なのねとほくそ笑むのでありました。