紙上の空論

2年ぶりの個展が、来週23日から始まります。

もの、として作品が存在すること、

アート、というかたち、

伝えたいこと、

隙のないように考えてつくること、

意味のあるかたち、

意味のあることば。

そういうものすべてから、すっかり解き放ってしまいたかった。

なにかがうまれるとき、つくりたい衝動が浮かぶとき、そういうときって本当はあまりなにも考えてない。

ただ、ぽかん、とうかんでくる。

ことばもかたちも。

それをだれかに伝えなければ、

だれかに欲しいと言ってもらわなければ、

暮らしていくためだけのお金をいただかなくては、

といろんな部分を考えて考えて考え抜いて、

いろんなものをくっつけたりとりさったり。

そうこうしているとできあがったものは、

はじめの「ぽかん」からずいぶん遠くはなれたところにいることもしばしば。

それが悪くなっているというわけではないのですが、ただ「ぽかん」のままのものを、見てもらいたいなあと思った次第です。

:::::::

何の役にもたたない馬鹿げた空想。

だれにあてたのかもわからない、宙に浮いた言葉。

ひまつぶしのように描かれた形。

私の毎日はくだらないことであふれていて、

それはまるで学生時代の放課後のような日々です。

でもいちばん大切なことは、その時間にありました。

とるにたらない、ただただくだらないことのなかに。

:::::::

全日在廊しております。

ぜひおでかけください。


Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square